出演者情報

指揮者 井田 勝大

鳥取県生まれ。東京学芸大学音楽科卒業、同大学院修了。
2003年から来日オペラ団体の公演に制作助手として携わり、ミラノ・スカラ座、ウィーン国立歌劇場、バイエルン国立歌劇場、東京のオペラの森などで小澤征爾、ズービン・メータのアシスタントを務める。
2004年、江戸開府400年記念東京文化会館事業「あさくさ天使」に副指揮者として参加2007年、東京バレエ団『ドナウの娘』日本初演にあたり指揮者アシスタントとして楽譜の修正を含め大きな役割を果たす。
2007年11月、Kバレエ カンパニー『白鳥の湖』公演においてデビューする。それ以降、Kバレエの多くの公演を指揮する。2009年4月、CD「熊川哲也のくるみ割り人形」をリリース。同年10月ピアニスト、作・編曲家の倉本裕基と関内ホール、サントリーホールにて共演し好評を博す。
2010年7月「フィギュアスケート名曲コンサート」(サントリーホール)に出演。国内外の多くの指揮者のアシスタントとして、オーケストラでは東京フィルハーモニー交響楽団や東京交響楽団、日本センチュリー交響楽団、東京シティフィルハーモニック管弦楽団、広島交響楽団、九州交響楽団などと共演をしている。国内のバレエ団とは、Kバレエカンパニー、東京バレエ団、新国立劇場バレエ団、東京シティ・バレエ団、谷桃子バレエ団、東京小牧バレエ団等と共演している。その他、アマチュアを含め多数のオーケストラや合唱団を指導。トランペットを田宮堅二、田中昭、山城宏樹に、指揮法を山本訓久、高階正光に師事。
現在、シアター オーケストラ トーキョー指揮者。エリザベト音楽大学講師、桐朋学園大学特任講師。

 

ソプラノ 齋藤 由香利

福岡県久留米市出身。国立音楽大学演奏学科声楽専修卒業、歌曲ソリストコース(ドイツ歌曲)修了。同大学院音楽研究科修士課程声楽専攻ドイツ歌曲コース修了。現在同大学院音楽研究科博士後期課程に在籍。二期会オペラ研修所修了。
多摩フレッシュ音楽コンサート2015合格。
第92回二期会オペラ研修所コンサート、新進声楽家の夕べ、大学院新人演奏会等に出演。
2018年二期会ニューウェーブ・オペラ『アルチーナ』オベルト役にてオペラデビューした。
長美保子、長島剛子の各氏に師事。二期会会員。

 

 

メゾソプラノ 岡村 彬子

熊本県出身。国立音楽大学演奏学科声楽専修卒業、二期会オペラ研修所マスタークラス修了、東京学芸大学大学院修士課程修了。これまでに佐藤ひさら、鎌田直純、浦田玲子の各氏に師事。
第13回九州音楽コンクール一般クラス金賞、審査員特別賞、第33回飯塚新人音楽コンクール入選、第44回フランス音楽コンクール第2位、エールフランス賞、大阪日仏協会賞、第19回日仏声楽コンクール入選。
これまでに、二期会新進声楽家の夕べ、文化庁委託事業によるガラコンサート、日本フォーレ協会サロンコンサート、三鷹第九を歌う会2017(アルトソリスト)等出演。東京学芸大学大学院オペラ「カルメン」にてタイトル・ロール、信州国際音楽村5月オペラ「カルメン」にてタイトル・ロール、熊本復興オペラ「蝶々夫人」スズキ役等を務める。
現在、二期会会員、日本フォーレ協会会員、東京未来大学教務補助、千葉こども専門学校講師。

 

テノール 佐々木 洋平


福岡県出身。大分県立芸術文化短期大学音楽科器楽専攻打楽器に入学後、ベートーヴェン《第九》に出会い声楽転向を決意。翌年転専攻し、同短期大学音楽科声楽専攻を首席で卒業、および東京藝術大学音楽学部声楽科を卒業。
子供の情操教育の分野にも造詣は深く、乳幼児とそのお母さんのための【Concert for Mothers】を主宰。Cloud of Arts構成メンバー、アミーチカント会会員、河口湖オルゴールの森アーティスト。コンサートソリストとしてバッハ《マタイ受難曲》エヴァンゲリスト、ヘンデル《メサイア》、ベートーヴェン《第九》ほか多数に参加。 オペラにおいては、オッフェンバック《ホフマン物語》、ヴェルディ《椿姫》、プッチーニ《ラ・ボエーム》《トスカ》《蝶々夫人》、R. シュトラウス《アラベラ》、ワーグナー《タンホイザー》《ローエングリン》などの主役を演唱。

公式ホームページ: http://yoheisasaki.com

 

バリトン 新見 準平

福岡県出身。東京藝術大学卒業。同大学院修了。ウィーンに学ぶ。2009年東京労音「第九」公演でデビュー。以降、国内外にて演奏活動を展開する。
第19回日本モーツァルト音楽コンクール、第30回ソレイユ音楽コンクールにて優勝。L.Welitsch国際声楽コンクール(オーストリア・ウィーン市)男声2位、第32回飯塚新人音楽コンクール第2位、2012年音楽現代新人賞などを受賞。
レパートリーは多岐に及び、バロックから現代まで33ものオラトリオのソリストを経験し、オペラは18演目23役を演ずる。またドイツ歌曲演奏にも力を入れ東京、大阪、名古屋、福岡、岡山、大分、ウィーンにてリサイタルを開く。
現在、大分県立芸術文化短期大学、大分県立緑丘高等学校、東九州短期大学非常勤講師。大分二期会、大分県合唱連盟理事。

公式ホームページ:  http://niimi-jumpei-baritone.jimdo.com

 

コンサートマスター 高木 和弘

6歳よりバイオリンを始める。1997年度ブリュッセルで行われたエリザベート王妃国際コンクール入賞、1998年ジュネーヴ国際コンクール第3位(1位なし)、2001年 アメリカ・インディアナ州で行われたフィショッフ室内楽コンクールにてユーシア弦楽四重奏団の第一バイオリン奏者として第一位。
国内では、2005年度文化庁芸術祭新人賞、大阪文化祭賞大賞受賞、 2007年度第19回ミュージック・ペンクラブ音楽賞オーディオ部門録音作品賞を受賞と、その芸術家としての認知と評価も非常に高い。
ソリストとして、これまで大阪フィルハーモニー、大阪交響楽団、関西フィルハーモニー、日本センチュリー交響楽団、東京交響楽団、ベトナム国立響、ヴュルテンベルグ・フィルハーモニーなどと共演。近年、日本で最高権威を誇る日本音楽コンクールの審査員にも招聘。また、サミット・ミュージック・フェスティバル(ニューヨーク、アメリカ)など国内外の講習会などにおいても講師として招かれるなど、後進の指導にもあたっている。
これまでに和波孝禧、森悠子、エドワード・ウルフソン、エドワード・シュミーダーの各氏に師事。これまでシヴィック・オーケストラ・オブ・シカゴのコンサートマスター、ドイツのヴュルテンベルグ・フィルハーモニーの首席コンサートマスター(2002~2006)、東京交響楽団コンサートマスター(2007~2012)、山形交響楽団ソロ・コンサートマスター(2006~2013)等を経て現在、長岡京室内アンサンブルメンバー、ダラス室内交響楽団コンサートマスター(ダラス、アメリカ)、いずみシンフォニエッタ大阪メンバー、リリス・チェンバー・オーケストラのリーダー、A Hundred Birds, tokyo.pandaのバイオリニストとしても演奏活動を展開中。
また、一般社団法人日本弦楽器演奏家協会の代表理事も務める。

公式ホームページ:http://www.kazuhirotakagi.com

 

バイオリン

廣末 真也

福岡県田川郡出身。福岡教育大学初等教育教員養成課程音楽専攻卒業、同大学院を修了。桐朋学園大学音楽学部研究科古楽器専攻修了。
ヴァイオリンを市澄子、原田大志、松野弘明、木野雅之、バロックヴァイオリンを戸田薫、寺神戸亮の各氏に師事。公開セミナー、マスタークラス等で、シギスバルト・クイケン、パウル・エレラ、エマニュエル・ジラール、鈴木秀美、若松夏美の各氏に指導を受ける。福岡を中心に、九州各地、関東で演奏活動を行っている。
2014年より“コンセール・エクラタン福岡 古楽シリーズ”を主宰し、古楽器(オリジナル楽器)での演奏活動も積極的に行っている。コンセール・エクラタン福岡コンサートマスター。クラシカル・プレイヤーズ東京、響ホール室内合奏団メンバー。

 

松本 さくら

長崎県出身。東京芸術大学音楽部卒業。
第59回全日本学生音楽コンクール福岡大会第2位。第31回長崎県高等学校音楽コンクールにおいて第1位受賞、九州大会金賞。
これまでに澤和樹、景山誠治、山崎貴子、松村英夫、良永季美枝、室内楽を河野文昭、松原勝也、佐々木亮の各師に師事。現在、ソロや室内楽、オーケストラの客演演奏をはじめ、OMURA室内合奏団員としての文化庁アウトリーチコンサート等、各地で演奏活動を行う傍ら後進の指導にあたっている。

 

ヴィオラ

松隈 聡子

ロッテルダム音楽院卒業。ヴァイオリンを故松村英夫氏に、ヴィオラを内田博、ヴラディミール・メンデルスゾーン、スヴェン・アルネ・テプル、平石謙二の各氏に師事。
トゥルクミュージックフェスティバル、サヴォンリンナミュージックアカデミーに参加。日本演奏連盟主催新人演奏会にて、九州交響楽団と共演。響ホール室内合奏団ヴィオラ奏者。

 

チェロ

原田 哲男

桐朋学園大学在学中の1990年に蓼科高原音楽祭奨励賞受賞。同大学卒業後から2年間ドイツのマインツ大学音楽学部に学ぶ。
1997年からは米国ダラス市の南メソヂスト大学より奨励金を得て、同大アーティストディプロマコースに入学、同年夏「チェロアンサンブルサイトウ」のメンバーとして日本、ヘルシンキ及びサンクトペテルブルグの世界チェロコングレスに出演した。
1999年から2012年9月末まで仙台フィルハーモニー管弦楽団首席チェロ奏者を務め、定期公演等にソリストとしても出演。そのほか仙台市民交響楽団、仙台ニューフィルハーモニー管弦楽団との共演、プラハ放送交響楽団宮城公演のソリストとして起用されるなど、仙台市を拠点にソロ、室内楽等多彩な活動を行っている。森川諄一、木越洋、ユリウス・べルガー、岩崎洸の各氏に師事。
2007年9月より文化庁海外派遣研修員として1年間ドイツに留学。クリスティアン・ギガ-氏(ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団第一ソロチェリスト)に師事。

 

永野 紗佑里

宮崎県宮崎市出身。東京音楽大学付属高校を経て、東京芸術大学音楽学部を卒業。
第13回宮日音楽コンクール最優秀賞及びグランプリ及び全日空ヨーロッパ賞受賞。
第20回京都フランス音楽アカデミーに室内楽で受講、選抜による受講生コンサートに出演。
第31回、第32回霧島国際音楽祭にて堤剛氏のマスタークラスを受講。
これまでに、チェロを土田浩、苅田雅治、菊地知也の各氏に、室内楽を岡山潔、河野文昭、松原勝也、佐々木亮、鈴木理恵子、大友肇の各氏に師事。

 

コントラバス

伊藤珠里

東京芸術大学音楽学部器楽科を卒業。2008年、第13回コンセール・マロニエ弦楽部門に入選。同年、小澤征爾音楽塾オーディションに合格後、オペラプロジェクト喜歌劇「こうもり」に参加。2009年、小澤征爾音楽塾オーケストラプロジェクト(中国公演)に参加。同年、小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト歌劇「ヘンゼルとグレーテル」に参加。
2013年、第18回宮崎国際音楽祭に出演。現在、九州を中心として、オーケストラや室内楽など、幅広く活動している。福岡バッハコレギウム室内合奏団、響ホール室内合奏団に所属。

 

フルート

大村 友樹

北海道出身。東京芸術大学卒業。
在学中に安宅賞を授賞。フルートを金昌国、細川順三の両氏に支持。NHK交響楽団、アンサンブル・オブ・トウキョウのエキストラ出演等実績を重ねる。
1991年より2006年まで東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団に在籍。在京オーケストラフルート奏者によるフルート四重奏団「THE FRUTE QUARTET」 創立時メンバー。
2016年より九州交響楽団首席フルート奏者。平成音楽大学非常勤講師。

 

オーボエ

佐藤 太一

北海道出身。 2009年洗足学園音楽大学を優秀賞を得て卒業、読売新人演奏会に出演。 在学中より洗足学園ニューフィルハーモニック管弦楽団団員として演奏活動。 卒業後、神奈川フィルハーモニー管弦楽団契約団員、N響アカデミー生を経て、 2014年九州交響楽団に首席奏者として入団。その他フリーランスとして読売日本交響楽団、東京シティ・フィル、名古屋フィル、 東京交響楽団、群馬交響楽団など、各地のオーケストラへ客演し、研鑽を積む。
またソリストとして、九州交響楽団とモーツァルト、洗足学園大学院室内管弦楽団とR.シュトラウスのオーボエ協奏曲を協演。
これまでにオーボエを辻功、細田てるみの両氏に師事。 N響アカデミーにて青山聖樹、茂木大輔、和久井仁各氏のレッスンを受講。またマスタークラス等でD.ワルター、M.ブルグ、F.ルルー、N.ダニエル、I.ゴリツキの各氏、 C.グランデル氏(イングリッシュホルン)のレッスンを受講。 大学にて室内楽を辻功、千葉直師、高橋知己、山根公男、浅野高瑛の各氏に師事。

 

クラリネット

山下 優輝

福岡県鞍手町出身。大分県立芸術文化短期大学音楽科を首席で卒業、同大学専攻科音楽専攻修了。第86回読売新人演奏会出演。
第6回秋吉台音楽コンクール室内楽部門入選。第55回北九州芸術祭クラシックコンサートにて大賞および県知事賞を受賞。
NHK交響楽団、九州管楽合奏団、東京佼成ウインドオーケストラ等の演奏会に賛助出演。
クラリネットを松本努、山田美裕貴、武田忠善、佐藤三保の各氏に師事。現在、北九州市消防音楽隊に所属する傍ら、九州を中心に吹奏楽やオーケストラ、ソロや室内楽での演奏活動の他、レッスン等も精力的に行なっている。

 

ファゴット

重松 真央

福岡県太宰府市出身、福岡第一高等学校音楽科、平成音楽大学卒業、卒業演奏会に出演。ファゴットを菊地保、馬込勇の各氏に師事。第17回九州音楽コンクール管・打楽部門最優秀賞。第53回熊本新人演奏会出演。第86回読売新人演奏会出演。ウィーンフィル首席ファゴット奏者ミヒャエル・ヴェルバ氏のマスタークラスを受講。平成音楽大学「華麗なる音楽の祭典」において2年連続学内オーディションに合格。
演奏会内でオーケストラとウェーバーの協奏曲(熊本県立劇場)ヴァンハルの2本のファゴットの為の協奏曲(アクロス福岡シンフォニーホール)を演奏。これまでに日フィルメンバーを中心とした演奏家との室内楽や、横浜シンフォニエッタ、NHK交響楽団第一コンサートマスター篠崎史紀氏を中心に結成されたマロオケ、九州管楽合奏団、九州交響楽団等プロの楽団の公演にも多数参加。現在福岡を中心に九州各地で演奏活動を行っている。

 

ティンパニ

永野 哲

1949年、佐賀に生まれ、福岡で育つ。修猷館高校で打楽器を始める。
1973年、九州大学経済学部を卒業。九州交響楽団の打楽器奏者として入団。
1984年、第1回打楽器リサイタルを開催。以後も積極的にリサイタルを催す。
1991年、文化庁芸術家在外研修員として1年間ドイツ、ベルリンへ留学、ヴェルナー・テーリヘンとライナー・ゼーガースの両氏に師事する。
1993年、帰国記念リサイタルで、テーリヘン作曲「ティンパニ協奏曲」、三村恵章作曲「ティンパニ協奏曲」等を演奏(指揮:石丸寛、九州交響楽団)。
2004年、東京文化会館小ホールにて音楽生活30周年記念リサイタルを開催。
2009年、1月に九響を定年退職。以後、指揮活動を本格化、フリーのティンパニストとしても活躍している。
2010年、10月、モーツァルトの「レクイエム」と交響曲第41番「ジュピター」で九響を指揮する。
2011年、5月、ベルリオーズの「幻想交響曲」とアルベニスの「ピアノ協奏曲」等を指揮する。
2011年、10月に京都、東京でティンパニソロリサイタルを開催する。
2012年、九産大オーケストラを指揮する(以後毎年)。
2013年、9月 東京でテーリヘンのティンパニ協奏曲をオーケストラ伴奏で演奏。(指揮佐藤迪)
2014年、9月 東京でティンパニリサイタル。
2015年、9月、名古屋でティンパニリサイタル。又、マンドリンオケの伴奏に依り、ロサウロ作曲「ティンパニ協奏曲を演奏する。
2016年、2017年 長崎交響楽団定期演奏会を指揮する。
「これまでに、 ベルリンフィルのライナー・ゼーガース、ヴァイオリンの徳永二男、打楽器の吉原すみれ、ピアノの東誠三、岡本えり、山田珠貴、歌の小野山幸夏、各氏等と共演し、数々の打楽器音楽を特にティンパニに重点を置いて紹介し続けてきた。エリオット・カーターの「8つの小品」と複数のティンパニ協奏曲をライフワークとして各地で精力的に演奏。
現在、打楽器アンサンブル「ポットベリー」顧問。