出演者情報

指揮者 井田 勝大

鳥取県生まれ。東京学芸大学音楽科卒業、同大学院修了。2003年から来日オペラ団体の公演に制作助手として携わり、ミラノ・スカラ座、ウィーン国立歌劇場、バイエルン国立歌劇場、東京のオペラの森などで小澤征爾、ズービン・メータのアシスタントを務める。2004年、江戸開府400年記念東京文化会館事業「あさくさ天使」に副指揮者として参加。2007年、東京バレエ団『ドナウの娘』日本初演にあたり指揮者アシスタントとして楽譜の修正を含め大きな役割を果たす。

2007年11月、Kバレエ カンパニー『白鳥の湖』公演においてデビューする。それ以降、Kバレエの多くの公演を指揮する。2009年4月、CD「熊川哲也のくるみ割り人形」をリリース。同年10月ピアニスト、作・編曲家の倉本裕基と関内ホール、サントリーホールにて共演し好評を博す。

2010年7月「フィギュアスケート名曲コンサート」(サントリーホール)に出演。国内外の多くの指揮者のアシスタントとして、オーケストラでは東京フィルハーモニー交響楽団や東京交響楽団、日本センチュリー交響楽団、東京シティフィルハーモニック管弦楽団、広島交響楽団、九州交響楽団などと共演をしている。国内のバレエ団とは、Kバレエカンパニー、東京バレエ団、新国立劇場バレエ団、東京シティ・バレエ団、谷桃子バレエ団、東京小牧バレエ団等と共演している。その他、アマチュアを含め多数のオーケストラや合唱団を指導。トランペットを田宮堅二、田中昭、山城宏樹に、指揮法を山本訓久、高階正光に師事。

現在、シアター オーケストラ トーキョー指揮者。エリザベト音楽大学講師、桐朋学園大学特任講師。

 

ソプラノ 齋藤 由香利

福岡県久留米市出身。国立音楽大学演奏学科声楽専修卒業、歌曲ソリストコース(ドイツ歌曲)修了。現在同大学院音楽研究科修士課程声楽専攻ドイツ歌曲コースに在籍。二期会オペラ研修所第59期マスタークラス修了。


多摩フレッシュ音楽コンサート2015合格。第92回二期会オペラ研修所コンサート、二期会新進声楽家の夕べに出演。2018年5月二期会ニューウェーブ・オペラ劇場『アルチーナ』にオベルト役で出演予定。長美保子、長島剛子の各氏に師事。二期会会員。

 

アルト 岡村 彬子

熊本県出身。

国立音楽大学演奏学科声楽専修卒業、二期会オペラ研修所マスタークラス修了、東京学芸大学大学院修士課程修了。佐藤ひさら、鎌田直純、浦田玲子の各氏に師事。

第13回九州音楽コンクール一般クラス金賞、審査員特別賞、第33回飯塚新人音楽コンクール入選、第44回フランス音楽コンクール第2位、エールフランス賞、大阪日仏協会賞、第19回日仏声楽コンクール入選。

これまでに、二期会新進声楽家の夕べ、文化庁委託事業によるガラコンサート等出演。東京学芸大学大学院オペラ「カルメン」にてタイトル・ロール、信州国際音楽村5月オペラ「カルメン」にてタイトル・ロール、オーケストラプレゼンタープロデュース公演オペラ「カルメン」にてタイトル・ロール、三鷹第九を歌う会2017にてアルトソリスト等を務める。

現在、二期会会員、日本フォーレ協会会員、東京未来大学教務補助。

 

テノール 佐々木 洋平

福岡県福岡市生まれ、北九州市育ち。大分県立芸術文化短期大学音楽科器楽専攻打楽器に入学後、声楽専攻へ転専攻。同短大及び東京藝術大学音楽学部声楽科を卒業。

第78回読売新人演奏会に出演。現在はフリーランサーとして活動。Cloud of Arts 創設メンバー。フリーランスのアーティストが充分に活躍出来る世界を創るため活動している。乳幼児とそのお母さんのためのConcert for Mothers 主催。銀座音楽ビヤプラザライオン奇数水曜日レギュラーメンバー。ソリストとして、バッハのソロカンタータを始めとするカンタータ諸作品や《マタイ受難曲》、モーツァルト《レクイエム》《雀のミサ》、シューベルト《ミサ第5番》、オルフ《カルミナ・ブラーナ》などに参加。オペラにおいては、モーツァルト《魔笛》《後宮からの逃走》《コシ・ファン・トゥッテ》、ドニゼッティ《愛の妙薬》、ロッシーニ《セヴィリャの理髪師》、ヴェルディ《椿姫》などの主役を演唱。また《こうもり》ブリントや《天国と地獄》マーキュリー、スッペ《ボッカチオ》レオネットなどのコミカルな役柄も演じている。

声楽を高見久美子、行天祥晃、多田羅道夫、中島基晴、古楽演奏を小林道夫、打楽器を関修一郎、福田隆の各氏に師事。

公式ホームページ: http://yoheisasaki.com

 

バリトン 新見 準平

福岡県出身。東京藝術大学卒業。同大学院修了。ウィーンに学ぶ。2009年東京労音「第九」公演でデビュー。以降、国内外にて演奏活動を展開する。

第19回日本モーツァルト音楽コンクール、第30回ソレイユ音楽コンクールにて優勝。L.Welitsch国際声楽コンクール(オーストリア・ウィーン市)男声2位、第32回飯塚新人音楽コンクール第2位、2012年音楽現代新人賞などを受賞。レパートリーは多岐に及び、バロックから現代まで33ものオラトリオのソリストを経験し、オペラは18演目23役を演ずる。またドイツ歌曲演奏にも力を入れ東京、大阪、名古屋、福岡、岡山、大分、ウィーンにてリサイタルを開く。現在、大分県立芸術文化短期大学、大分県立緑丘高等学校、東九州短期大学非常勤講師。大分二期会、大分県合唱連盟理事。

公式ホームページ:  http://niimi-jumpei-baritone.jimdo.com

 

コンサートマスター 高木 和弘

6歳よりバイオリンを始める。1997年度ブリュッセルで行われたエリザベート王妃国際コンクール入賞、1998年ジュネーヴ国際コンクール第3位(1位なし)、2001年 アメリカ・インディアナ州で行われたフィショッフ室内楽コンクールにてユーシア弦楽四重奏団の第一バイオリン奏者として第一位。

国内では、2005年度文化庁芸術祭新人賞、大阪文化祭賞大賞受賞、 2007年度第19回ミュージック・ペンクラブ音楽賞オーディオ部門録音作品賞を受賞と、その芸術家としての認知と評価も非常に高い。

ソリストとして、これまで大阪フィルハーモニー、大阪交響楽団、関西フィルハーモニー、日本センチュリー交響楽団、東京交響楽団、ベトナム国立響、ヴュルテンベルグ・フィルハーモニーなどと共演。近年、日本で最高権威を誇る日本音楽コンクールの審査員にも招聘。また、サミット・ミュージック・フェスティバル(ニューヨーク、アメリカ)など国内外の講習会などにおいても講師として招かれるなど、後進の指導にもあたっている。

これまでに和波孝禧、森悠子、エドワード・ウルフソン、エドワード・シュミーダーの各氏に師事。これまでシヴィック・オーケストラ・オブ・シカゴのコンサートマスター、ドイツのヴュルテンベルグ・フィルハーモニーの首席コンサートマスター(2002~2006)、東京交響楽団コンサートマスター(2007~2012)、山形交響楽団ソロ・コンサートマスター(2006~2013)等を経て現在、長岡京室内アンサンブルメンバー、ダラス室内交響楽団コンサートマスター(ダラス、アメリカ)、いずみシンフォニエッタ大阪メンバー、リリス・チェンバー・オーケストラのリーダー、A Hundred Birds, tokyo.pandaのバイオリニストとしても演奏活動を展開中。

また、一般社団法人日本弦楽器演奏家協会の代表理事も務める。

公式ホームページ:http://www.kazuhirotakagi.com